読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tubaki's logbook

トリビアより役に立ちません

ハードルを下げまくった結果、そこそこ楽しめた「仮面ライダーゴースト100の眼魂とゴースト運命の瞬間」

この映画を見るために、撮り溜めしたゴーストを見たんですが、またえらくストーリーが緩いですな・・・。
まあ子供たちが面白く感じてるならいいのかな
個人的には竹中直人が当初思ってたより出番が多いんで、これは竹中直人がすごいのか、もはやあれほどの大物役者がよく出てくれるぐらい仮面ライダーが大きくなったのか、どっちなんだろうってところが気になりますが。

で、映画の方。
公開すぐ見た人の反応を調べると結構厳しい評価が多かったので、覚悟して見に行ったのですが・・・うん、いつもの夏の映画でしたね。
むしろ、映画の内容がTV本編と下手に絡まない分、ましな部類でしょう。(下手に絡んだ例としてブレイドの映画が挙げられるであろうか。あれなんて堂々と嘘ついてますからね!)

とはいえ
そもそも英雄の村って何?
アルゴスがおかしくなったのはなんで?
アルゴスに結局何をさせたかったの?
深海大吾って結局何がしたかったの?
・・・etc色々疑問点があるのですが・・・多分答えは出ないんでしょうね。ええ、もう諦めてます。

仮面ライダーエグゼイド
毎年夏の映画恒例、次のライダー登場ですが、毎年新しいライダー見るたびに違和感あるけど、今年は特にありますね〜。だれだろう、あのコンセプトで行こうって推したの。

ジュウオウジャー
実は毎年戦隊ものの方が映画として完成度高いわ〜と思ってたりするのですけど、今回のもそうでしたね。敵のサーカスのブランコするのに地球が邪魔だから潰すって発想のスケールがでかすぎて吹きそうになったけど。