読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tubaki's logbook

トリビアより役に立ちません

2016年邦画を代表する傑作だよ「シン・ゴジラ」、または「庵野ゴジラ」というべきか

見てきましたシン・ゴジラ

もはや2014年のハリウッド版を超えるような作品は日本では見れまい・・・と半ば諦めていたのですが、そんなことは全然なかった。それどころかシリーズを通しても最高傑作といって良いのではと思えます。ちなみにこの映画を見る前の、個人的ゴジラ映画ランキングは

1 ゴジラVSビオランテ
2 ゴジラ(初代)
3 ゴジラ(2014年ハリウッド版)
4 ゴジラVSメカゴジラ(初代)
5 ゴジラVSモスラ

といったところでしょうか。1位は小学生の時に、初めて映画館で見たゴジラ映画という思い出補正もありますが、それを抜きにしても大人向けのドラマと防衛隊とゴジラの戦闘シーン、何よりビオランテの衝撃的ビジュアル。それに権藤 吾郎。「薬は注射より飲むのに限るぜ、ゴジラさん」とその直後の悲劇は作中の屈指の名シーンで未だに頭に焼き付いてます。やはり一位に相応しい作品です。今回のシン・ゴジラはこの作品の作風に近いかも。
2位の初代ゴジラは今見直すとモノクロの映像が、本物の記録映像を見てるかのような錯覚を感じますね。
3位のハリウッド版はもはや言わずもがな。文句を言うならもっとゴジラの出演シーンは増やすべきってところかな?
4位からはそこまで差がないです。メカゴジラとキングシーザーが好きなんで。キングシーザーはそれを呼び覚ます歌の方が好きというか。5位のモスラのも昭和のに比べて綺麗になったなあというのとバトラがカッコイイので。バトラがいきなり成虫になったのはせこ!って見た当時思ったものです・・・(どうでもいいところ)。


で、肝心のシン・ゴジラの話。
まあ内容はあえて触れないで置くとして。(やはり映画館でお楽しみください)
今回の映画は普通に内容を楽しめるだけでなく、小ネタも非常に多いという点が挙げられるでしょう。
すぐに気づく内容として作中でも流れるゴジラの数々のテーマ曲が昔の音源から流してるかのようにわざと調整してある点。非常にニクイ演出です。
後、やはりエヴァを意識させる数々の仕掛け。見てて色んなネタが出てくるので思わずニヤリとしてしまいますよ。
ただどうやら他にもパトレイバーネタもあるらしいし、それ以外にもあるみたいです。一回では気づけん。というかそこらへんの作品を全部見ててもなかなか気づけんw


最後に、僕は30日の朝に映画を見に行ったのですが、席が半分くらいは空いてました。もったいない・・・ある程度席は空いてる方が姿勢、その他の問題で映画に集中しやすいと思ってる僕ですが、この映画はもっと多くの人に見てもらいたいのですので、もっと皆ゴジラ見に行こうぜ。ここでお金を稼げないと次に繋がらんしな・・・と謎のポジションから意見を言いだしてきたので、ここら辺でお開きをば。


『シン・ゴジラ』予告2