読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tubaki's logbook

トリビアより役に立ちません

結構オールドファンサービスが強い「スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号」

感想文書くときは必ず一回書き直します。なんか書いてる内にまとまるというかまとまってないのに書き始めるので途中でぐだぐだになるので・・・。

以下、ネタバレあります。

さて、毎度お馴染み春のライダー映画ですが、いつも春の映画ってなんかシナリオがぐだぐでクライマックスで全ライダー出したいからそれまでのシナリオを全部無視するかのような演出が多くて見ていてウンザリすることが多いです。例えば死んだはずのライダーがあっさりと復活する理由も無く出てきたりするし、そもそも敵とライダーの数が多すぎてもはやチンピラの抗争みたいにしか見えないとか。

というわけで内容によってはもう見ない春の映画ですが、今回はひょっとしたら?と思い行ってみるとやはり良かった。いや、最後がぐだぐだになるのは相変わらずなんですけど(爆発したV3がいつの間にか復活してたりな)、今回は3号というはっきりとしたキャラがいたおかげで、シナリオに一本筋が通った感じ・・・?(偉そうに)

それと例年に無くオリジナルメンバーが多かったがそれが良かった。ブラックの南光太郎(相変わらずキレがいい。後、上記に書いたあっさり復活をやっちゃいますが、生まれ変わってRXになったので俺的にはOKです。)、ゼロノスのユウト(電王はあまり知らない)、555の乾巧(老けたな!)、ギャレンの橘さん(最近めちゃイケでよく見るな)。これだけのメンバーはそうそう集まらない。やはりライダーの声が元と違うとね、どこか萎えますからね。出てきてるだけでテンションが違います。 それとRXのライドロンは今回車を扱うライダーがテーマなら絶対出てきて欲しかったのですが、ちゃんと出た。これはポイント高いです。分かってるやんけ、と。

後、細かいところを言えば、ブラックの変身で一回バッタになるシーンがあったのはグッド。そこが重要ですよね、ブラックの変身では。

ついでにライダー1号と2号が電子頭脳になって本郷家の地下にあって、そこを管理しているの立花藤兵衛とかショッカーが人類を管理するというのは漫画版のオマージュですね。こういった細かい演出が今回は多いのも特徴でしたね。

結論として今回の映画は今までと比較して面白かったのでお勧めです。特にブラック現役世代は、結構楽しめるんじゃないかなー。後、石ノ森章太郎の漫画版を呼んで、平成ライダーを見てきた人にお勧め。

・・・俺以外にいるのかな、そんな人・・・


【予告】スーパーヒーロー大戦GP 仮面ライダー3号 - YouTube

結局、ぐだぐだな感想になってしまったな・・・・