読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tubaki's logbook

トリビアより役に立ちません

退場が早いな

世に棲む日日を読んでる最中なのです。大河ドラマに影響受けまくりですね。 吉田松陰という人物をこの小説で初めて詳しく知りましたが、なんという無茶な性格だと。まあ吉田松陰自体が狂ってるな自覚を持ってるらしい節があるみたいなので、ある意味確信犯でもあるんでしょうが、それにしても無茶苦茶な。今2巻を読み終わったばっかりですが、途中で吉田松陰は刑死で退場し、今は高杉晋作がメインに動いています。こいつも相当無茶なイメージですが、最初はそこまでじゃあなかったみたいで、意外ですね。全4巻で短いけど、有名どころではないところをクローズアップしてあって新鮮で面白いです。お勧めですね。

世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)

世に棲む日日〈1〉 (文春文庫)