読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tubaki's logbook

トリビアより役に立ちません

食っちまったよぅ・・・

映画の寄生獣を見てきました。 漫画原作の実写化という事でもうある意味諦めて見に行ったわけですが、想像よりは悪くなかったです。ネットで批評を探すとさんざんですが。まあ俺も基本的に他の方が書かれてるとおりだと思いますが、ここはあえて良かったか特に気になったポイントを書いておきます。

新一の母

原作では中の上みたいな家庭で両親健在ですが、映画ではどうやら親父は新一が幼い頃に死んだ模様。よって母子家庭になっておりどことなく生活に親子の繋がりが強くなってる感じがある。その分母親が例の事件に巻き込まれる悲壮感が強くなってます。しかもなんかこの事件が起きたのって新一のミスっぽいんですよね。しっかりとAに止めをさしていれば・・・ね。(映画ではAと母のパラサイトがイコールになっています) 親父をカットした理由はまあ多分進行上の理由でしょうけど、個人的に親父の「お前・・・鉄で出来てるんじゃないのか」は当時の親父の様々な心境が結晶化した名台詞で寄生獣の中でも好きな台詞だけにカットされたのは悲しい。 Aと母のパラサイトを一緒にしたのも進行上の理由でしょうけど、そこの繋げ方はまあ悪くない。映画でやるならそれが丁度いいバランスかなあと。ただそれならAとのバトルが大一番にして欲しかった。先に島田秀夫をやっちゃたので画面の派手さに負けるんですよね、なんか・・・。

Aの職業

何故か警官。それが生きる設定がないのは一体どういうわけなんだwあ、これ批判だ。でもこれはつっこんでおきたい。あのシチュエーションでは新一は警官殺しで指紋さえ採取されてしまえば殺人犯で捕まりますよ。

田宮良子の食事

初登場時には既に妊娠している田宮良子。その彼女が普通の食事をしているのはどことなく安心した。いやーなんか妊娠している田宮良子が人間食べるのって惨殺死体見るよりぐろい感じがする。もっとも原作でも田宮良子が人間を食事してるシーンなんてないんですけどね。(でも多分彼女は食ってただろう。それは彼女が痴漢を殺すときに今は食欲がないみたいな台詞を言ってることから推察される。)

橋本愛

ヒロインの橋本愛可愛いよ!


映画「寄生獣」予告 - YouTube